就活は早く始める程良いは浅はか【69話】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

685人の購読者に加わりましょう

かみーちがあらわれた!

こんにちは!ドラクエと緑が好きなかみーちです!

今日は3年の4月から就活を始めてきて感じてることをお話します。(現在4ヶ月目)

・就活ってどんな感じなのか

・就活中だけど、かみーちはどんな感じなのか気になる

そんな方の参考になればなと思っています。

まず、結論から言って就活ってそんなに早く始めなくても良いんじゃね?ということです。

どういうことかと言うと、僕は4月から始めたものの、今はたるんでるからスピードが遅くなってます笑

なんか、ダレるんですよね、、、笑

感情の変化としては、

4月→自己分析ガッツリやった!面白い!就活の全体像も知れた!頑張るぞー!

5月→来月からサマーインターンのエントリーが始まっていくんだな!今のうちに準備だ!

6月→(いろんな就活サイトを通して)めっちゃ企業からメールくるー!!やばー!でもエントリーしていくぞ!

7月→意外と落ちるやん、、まぁでも頑張るか…それにしてもエントリーシート書くのめんどくさいわ…

8月→一応インターン受けたりしてるけどもっと調べたり改善もしなきゃだ。でもなんか疲れたなぁ…

と、こんな感じですが、そうです。モチベーションが切れました😇

もし、6月までのテンションでめげずにここまできていたら、もっと行動もして改善もして、成長した!!って実感が出ていると思います。

しかし、スピードが落ちて思ったのは早く始めても質が伴ってないなら、短期集中で進めてる人に余裕で越されるじゃん

ということです。

ぶっちゃけ、就活でやるような自己分析・企業分析とか1ヶ月もあれば十分考えられます。

(ダレルくらいなら)僕のように4月から動く必要もないです。それは今動いてる就活生の方でもうんうんと思う所があるんじゃないでしょうか。

ただ、早くやっていて良かったのは考える時間が多いということです。

今の僕のようにモチベーションが下がっても、自己分析等しっかりやっていれば、自分の価値観とか何をしたいのかとかそんなビジョンの部分で考える時間はできます。

もし、来年から始めるとしたら、浮き沈んでる間に焦りが伴うと思います。

そういう意味では、今悩める時間もできてて良かったと思っています。

ですが、いくら早く始めなくてもいいとはいえ、経験の機会が多いことに越したことはないです!(これは間違いない)

特に、サマーインターンに挑んでるか挑んでないかの差は(どれくらい取り組んだかは置いておいて)重要な気がしています。

なぜなら経験から学ぶ時間があるからですね。(もちろん改善していかなければ差は少ないでしょう)

そういう意味でサマーインターンを経験した就活生と、それ以降から初めましての就活生だと差が出てくると思います。

と、ここまでのことをまとめると、

・(浮き沈みの期間も含めて)考える時間を沢山持つなら就活を早く始めるべき。

・モチベーション維持できるなら遅くても良い

・でもサマーインターンのような経験値を獲得できる機会は多い方がいい(改善することでレベルアップのチャンスを得れる)

これが僕が就活をしてきて今思ってることです。

来週から9月、もう秋ですね。早い笑

次は秋に向けてどう動いていくのか考えていきます。また報告させて頂きます。

こんな感じで僕のブログでは日常から感じたこと学んだこと等を発信していきます。

何かの参考になれたら嬉しく思います。

それでは今日はこの辺で。最後までお読み頂きありがとうございました!

またきてくれよな!

かみーちはログアウトした!

p.s.

ブログランキング参加してます!最後にクリックして頂けたら応援に繋がります!ありがとうございました!


大学生ランキング

冒険者かみーち

都内の大学3年生
高校時代の後半期から考え方が代わり、
浪人時に生き方も変わり始め、
視野を広げることの重要さに気付く。
それから大学に入り、視野を広げ続けていると
人生のストーリー展開が加速していった。

ドラクエ=アイデンティティというくらいドラクエが好きで、人生においてもかかせないものとなっている。
思考もドラクエのようにストーリー化され、あらゆる現象・出来事も面白く捉えている。なぜならそれは物語の一部の演出であり、同時にストーリー過程で必要な事だと考えているからである。

そして今は
大学生こそ「ガンガン学ぼうぜ」!と言いながら生の大学生の目線で、発見したことや思ったことなどを発信していく。
新生活、新環境で新たな挑戦をしながら楽しんでストーリーを現在進行中

将来的には、貧困者を一人でも減らし、やりたいこと・成し遂げたいことに全力で向き合って、お金が理由で「できない」「あきらめる」人達の手助けとなる。
自分が貧乏でお金に苦しむことをしてきたため、同じような人達を救いたい。

冒険者かみーちをフォローする
就活
冒険者かみーちをフォローする
Murakami Quest

コメント