ハリーポッターとドラゴンクエストから学んだこと【66話】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

685人の購読者に加わりましょう

かみーちがあらわれた!

みなさんこんにちは、冒険者かみーちです。

またも投稿に時間を置いたかみーちなんですけど、懲りずに更新していきます笑

(↓宣伝!ランキングやってます。ポチッと押していただけたら応援に繋がります!)


日々の出来事ランキング

ブログもYouTubeも毎日更新!などなるべく更新!などn回以上言ってると思うんですけど、

良くも悪くも継続をしていく困難さを感じてるので、メンタルがバットにならないよう意識しながら、

秒で反省して秒で切り替えて前向きに日々過ごしてます。

更新する・更新しないことも1つの経験だと思うので、この期間で感じたことや思ったことを次に繋げていきます。

ドラクエから学んだことになりますが、人生はロールプレイング。ドラクエの産みの親である堀井雄二さんの名言でもあります。

人生に無駄は無いマインドで日々過ごしてます。この更新するしないの経験もどこかで伏線として回収されるかもしれません。

あ、別に自分の状況を合理化しようとは思ってませんよ!笑

言い訳ばかりとか口だけ人間にはならないよう気をつけてます。

信用信頼がますます大事になってる現代社会で、メッキをペタペタ貼り付けるような表だけ取り繕ってる生き方では長続きすると思えないです。

令和の時代になってからというのも、どんどん裏の情報が表に出てきやすくなっています。

歴史の先生から令和の時代は良くも悪くも表に出てくる時代だと学びました。

ほんとにそんな気がしてます。

なので僕も背中で語れるような生き様を目指します!つまり、信頼ですね。この人なら大丈夫!って思ってもらえるような信頼関係を作っていけたらなと思ってます。頑張ります

そして伏線繋がりで話しますが、最近ハリーポッターを見ています。たしか1度作品はだいたい見てるんですけど、ほぼストーリーが記憶にないんですよね!笑

皆さんはそんなことないですか?笑

なので見返しているつもりなんですけど、ほぼ初見のような感覚でハリーポッターを見てました笑

小学生ぶりにみたハリーポッター、10年の時を経て見返して思ったことは

無駄なシーンはないことと伏線だらけ

ということです。

ちなみにまだ1~5作品までしか見返せてないのでそれ以降はこれから見ていきます。

現段階で見ていてこの2つを思いました。

無駄なシーンがないということから、人生においても無駄がないというドラクエからの学びと繋がるし、ドラクエもハリーポッターもストーリー作品としても繋がります。

また、ハリーポッターって伏線めちゃくちゃ後半で回収していくんですよね。

なので前半の方に盛り上がりが少なくて集中して見れないとストーリー繋がってこなかったりします(たぶん小学生の僕はそれでよくストーリーを覚えてなかった説がありますね笑)

そもそもハリーポッターって上映時間長いですもんね。2時間半くらいあったりしてボリュームが凄いです笑

それで、何がいいたいかというと今よく分からなくても、将来どこかで何かと繋がる可能性がたくさんあるということです。

4月のことですが、実際に過去の出来事と繋がったことがありました。まさに伏線回収が起きたのです。

こういう出来事が起こると運命的か!とかご縁を感じる!などと思ったりもしますね

今がよく分からない状況でも将来どこかでこの経験が生きるだろうと思って生活してるので割とメンタルも安定しやすくてオススメです。

ということで今日はこの辺で。

最後までお読み頂きありがとうございました。

またきてくれよな!

かみーちはログアウトした!

↓もし当記事が気づきやタメになりましたら、ポチッと押して頂けるだけで応援に繋がります!よろしくお願いします!


日々の出来事ランキング

冒険者かみーち

都内の大学3年生
高校時代の後半期から考え方が代わり、
浪人時に生き方も変わり始め、
視野を広げることの重要さに気付く。
それから大学に入り、視野を広げ続けていると
人生のストーリー展開が加速していった。

ドラクエ=アイデンティティというくらいドラクエが好きで、人生においてもかかせないものとなっている。
思考もドラクエのようにストーリー化され、あらゆる現象・出来事も面白く捉えている。なぜならそれは物語の一部の演出であり、同時にストーリー過程で必要な事だと考えているからである。

そして今は
大学生こそ「ガンガン学ぼうぜ」!と言いながら生の大学生の目線で、発見したことや思ったことなどを発信していく。
新生活、新環境で新たな挑戦をしながら楽しんでストーリーを現在進行中

将来的には、貧困者を一人でも減らし、やりたいこと・成し遂げたいことに全力で向き合って、お金が理由で「できない」「あきらめる」人達の手助けとなる。
自分が貧乏でお金に苦しむことをしてきたため、同じような人達を救いたい。

冒険者かみーちをフォローする
未分類
冒険者かみーちをフォローする
Murakami Quest

コメント