【月間EXP2月】感情司令E・モーションと合理化王ソーダンとの戦い

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

661人の購読者に加わりましょう

かみーちがあらわれた!

今回は、2月の振り返りです。

これから毎月やっていきます。

なぜやるかというと、自分自身の月単位での得た経験値を確認するためです。

ドラクエは戦いに勝つと経験値を得られますが、

リアルは勝っても負けても、要は何をしても経験値が得られます。

だから失敗も経験値になるのが面白いところです。

そして僕はなんだかんだやらかしまくるので(笑)そういう失敗も振り返って次のレベルアップへのヒントを探します。

そしてそのヒントを元に次の月のクエストテーマなどにして、どんどんレベルアップしていこう!っていう目論見です。

さて、2月はどんな月だったかと言いますと、一言でいえば!

「エモーション」

ですね。感情。(あえてかっこつけてカタカナにしました。)

とにかく感情が動きました。

いや、人間なので感情は動くものですが、僕は感情に支配されて動いたことが多かったのです。

これは自身の心に潜むボス、感情司令E・モーションによる攻撃で、そのダメージを受けまくりました。

そしてどうなったか?

失敗しました。

楽しみとかで感情が高ぶったりすると、何か上手くいかなかったり、

嫌なことが起きてネガティブな感情を出すと場の空気を乱して、まわりに迷惑かけたり、

仮想通貨で刺激を受けて感情的に動くとだいたい負けたり、

…と、感情に振り回されると詰むってことです。

本当に顕著にでましたね。分かりやすかったので分析もしやすかったです。

ちなみに感情司令E・モーションの得意技「加速する感情弾」は自分の感情が動いた時に発動されると、高確率で理性ではしないことをしてしまいます。

つまり、頭に血が行き過ぎてる時、呼吸が乱れてる時ほど、被弾しやすいです。だから感情司令E・モーション(感情的になってる時)と戦うには深呼吸して、「一旦待った」を唱える。

落ち着いて冷静になる、と意識する。

ちなみにトレーダーには俯瞰して相場を見れる力が必要ですが、こういうことですね。トレードは9割の人が負けるようになってる(負けてしまう)んですよね。

だから、感情司令E・モーションに勝てない人は負けやすいですね。もっとレベルアップしてから挑むべきです。(自分の事だ…!)

それと、感情とはちょっと違いますが、自分自身の習慣・クセの1つにも気づけたのが2月でした。

それは「相談」です。

僕は基本的に相談をしません。

というか、気を使って相談をしない人だったのです。

よく相談は大事、報連相しっかりしようなど聞きます。何度も聞いてきた言葉です。

が、しかし自分自身そこまで実践してなかったんですよね。

まるで理論は話すけど実践してない教授のような…

これは完全に今まで主導権を自分の心に潜むボス、「合理化王ソーダン」に握られていたからです。

こいつは心の中でも無意識層に潜んでるため、中々存在に気づけなかったです。今回ようやく潜在意識を超えて顕在意識まで引き上げることに成功できたので、これからしばらく戦いが続きそうです。

さて、僕が相談してなくて何が起きたかというと、

お茶の先生から、

ズレた方向に進んでいた(もしくはこのまま行ったらどんどんズレていく)ということを指摘して頂いたんです。

そして、この事は過去にも事例がありました。相談しないでいた結果、とんでもない所まで行ってしまったことがあり、まさに今回も行動を変えなければそうなりかねない状況にいっていたかもしれません。

でも、そもそも気づけてよかったと思ってます。問題を予測できたらいいですけど、その問題を予測する幅がまた1つ増えたので、

経験値を積みましたね!(お茶の先生ありがとうございます!おかげさまでボスの存在にも気づけた…!)

と、いうわけで!

・かみーちは相談力が3あがった!

・かみーちは感情の波を意識するようになった!

・かみーちはレベルアップのヒントを得た!

こんな感じですね!

次3月に向けて2月から学んだことを活かしていきます!

それでは今日はこの辺で。

最後までお読み頂きありがとうございました。

またきてくれよな!

かみーちはログアウトした!

冒険者かみーち

都内の大学3年生
高校時代の後半期から考え方が代わり、
浪人時に生き方も変わり始め、
視野を広げることの重要さに気付く。
それから大学に入り、視野を広げ続けていると
人生のストーリー展開が加速していった。

ドラクエ=アイデンティティというくらいドラクエが好きで、人生においてもかかせないものとなっている。
思考もドラクエのようにストーリー化され、あらゆる現象・出来事も面白く捉えている。なぜならそれは物語の一部の演出であり、同時にストーリー過程で必要な事だと考えているからである。

そして今は
大学生こそ「ガンガン学ぼうぜ」!と言いながら生の大学生の目線で、発見したことや思ったことなどを発信していく。
新生活、新環境で新たな挑戦をしながら楽しんでストーリーを現在進行中

将来的には、貧困者を一人でも減らし、やりたいこと・成し遂げたいことに全力で向き合って、お金が理由で「できない」「あきらめる」人達の手助けとなる。
自分が貧乏でお金に苦しむことをしてきたため、同じような人達を救いたい。

冒険者かみーちをフォローする
未分類
冒険者かみーちをフォローする
Murakami Quest

コメント