鬼滅の刃を最近読んでる理由【ブログ記事タイムアタック編】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

661人の購読者に加わりましょう

かみーちがあらわれた!

冒険読者のみなさま、こんにちは。かみーちです。

今回は15分以内に記事を書こうと思います笑

15分になったらそこで終了します。

とりあえず自分自身の文章力とかこの制限の中でどれだけのことが書けるのかを試してみます。

読んでこう思ったとか、アドバイスなどどしどし頂けると経験値になります。

このブログでは冒険者かみーちのストーリーを書いているので、レベルアップしていく過程を描いてます。皆さんの力もお貸し頂けるとより力になります!

とか書いてたら残り10分程になってたw

それでは今日の内容です。

今回は僕が最近見てるアニメ、鬼滅の刃についてです。

なぜ鬼滅の刃を最近見ているのかというと、

今話題沸騰だからです。

何も知らない方にも込めて話すと、

漫画の売れ行きがワンピースを抜いて1位になっています。

これはどれくらいすごいのかと言うと、

ワンピースはここ10年ずっと圧倒的1位を維持していました。そのワンピースを倒したのです!

そんな漫画が今若者の間ではとても人気になってるとの事で、これは

時代の流れが変わってると言えます。

つまり、価値観の変化が起きているのです!

と、そのようなことを僕は師匠から学んだので読んでいます。(この記事を書いてる段階ではまだアニメで20話程度です。アニメを見終えたら漫画に入ります。)

時代の価値観が変わってるということは

今までの当たり前じゃいけないということですね。

そして、若者の間で人気になるということは、その時の価値観が大人になっても基礎となってるので、

若者の価値観が分からないと、若者受けの話が出来ないということです。

これはビジネスにおいてもそう言えて、若者の指示を得られないセールストークとか引き付け方では限界が来るということです。

だから、経営者とか昭和世代の人達こそ価値観を理解する上で、鬼滅の刃を読むと良いというススメです。

大事なのは鬼滅の刃が面白いかどうかではなく、いかに面白いと思って読めるかが大事とのことです。

鬼滅の刃の世界観を受け入れようと思って読むのです。読んでて普通に面白いと思えたら良いですけど、

全面否定でそこに自分の価値観を入れてしまったら、若者の共感を得られないことに繋がります。

なので、鬼滅の刃を読むことはこれからの時代の価値観を読むことにもなるので、勉強にもなりますね!!

ちなみに僕は絶賛面白いと思ってます笑

内容に踏み込もうと思いましたが、そろそろ時間なので今日はこの辺にしますね笑

最後までお読み頂きありがとうございます。

またきてくれよな!

かみーちはログアウトした!

冒険者かみーち

都内の大学3年生
高校時代の後半期から考え方が代わり、
浪人時に生き方も変わり始め、
視野を広げることの重要さに気付く。
それから大学に入り、視野を広げ続けていると
人生のストーリー展開が加速していった。

ドラクエ=アイデンティティというくらいドラクエが好きで、人生においてもかかせないものとなっている。
思考もドラクエのようにストーリー化され、あらゆる現象・出来事も面白く捉えている。なぜならそれは物語の一部の演出であり、同時にストーリー過程で必要な事だと考えているからである。

そして今は
大学生こそ「ガンガン学ぼうぜ」!と言いながら生の大学生の目線で、発見したことや思ったことなどを発信していく。
新生活、新環境で新たな挑戦をしながら楽しんでストーリーを現在進行中

将来的には、貧困者を一人でも減らし、やりたいこと・成し遂げたいことに全力で向き合って、お金が理由で「できない」「あきらめる」人達の手助けとなる。
自分が貧乏でお金に苦しむことをしてきたため、同じような人達を救いたい。

冒険者かみーちをフォローする
未分類
冒険者かみーちをフォローする
Murakami Quest

コメント