かみーち紹介文

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

685人の購読者に加わりましょう

かみーちが現れた!

今回は僕の自己紹介記事です

最近かみーちって人を知ったけど、何この人?

たまたま変なブログ見つけたけど、一体どんな人?

もしくは前から知ってたけど、詳しくは知らない

という方達に向けて、書きました!

この機会にぜひ僕のことを知ってもらえたらと思ってます。

あと、自己紹介文なので、口調固めな感じで書いてみました。笑

それではいきます!

かみーち紹介

浪人した時に視野が大きく広がり人生が変わった大学生。
しかし、それまで親不孝な生き方をしていた。
そもそも家庭は貧乏で、1人っ子のため、小4の頃から父親と2人暮らし。
農家で父は晩婚であったため、年齢が高かったが、反抗期となり手伝いもほとんどしなく、勉強も部活もおろそかにして遊んでいた。

特に高1の頃は中3時の受験勉強に燃え尽きてさらにやる気がなくなり1年間定期テストは学年で240人中200位代を行き来する。

勉強せず何をしていたかというと、ドラクエである。

かなりのドラクエ好きなため、ずっとドラクエ作品をしていて、中でもドラクエ10というオンラインゲームをやりまくっていた

そんな中、高二の夏休みに気持ちを切り替える気が出てきて、部活も勉強も頑張ってみようと思い、高校では山岳部だったが、全国大会に出るような強豪校だったため、

今しか出来ない・普通経験出来ない

ということもあり努力し始めた。

そこで、高二の秋の新人戦では県大会優勝を目指してチームの士気を上げて頑張ってきたが、1度も部活を休んだことがなかったメンバーの1人が、大会1週間前に胃腸炎になり本番不参加となる。結果も優勝は出来ずであったが、切り替えて高3の最後の大会で全国大会を目指す。

また、同時に大学受験もこの期間に経験できる大きなイベントでもあるし、本気でやろうと決めて

ドラクエも制限した。
しかし、13年いた顧問が春に転任。顧問も新しくなり、4月になって選抜メンバーから急に外される。顧問と部員と交渉をして上の大会で出場できるとなったが、県大会には出れず。
山岳部の全国大会への権利は優勝のみなので、メンバーを信じて県大会を見守っていた。
結果は2位。ライバル校に負けたのかと思いきや、全く違う高校に23年振りの優勝を起こされた。そこも新しい顧問がきたが、その顧問はうちの高校に13年いた顧問の一つ前の方であった。
全国大会には行けなかったが東北大会へ出場して部活を引退。

部活の熱を受験勉強に注ぎ、1日2時間勉強したら満足してた自分が休日で10時間以上勉強するのが当たり前のようになっていた。

その努力をしても、センター試験の点数が足りず、第一志望の大学を受けれず、撃沈。
そして浪人をしてまで大学受験をしようという気持ちになり、浪人を決意。

親はそもそも反対をしていたが浪人をしなければ自身の人生において悔いの残る生き方になると思い反対を押し切り、親の負担も考え、バイトしながらの宅浪を決意。

高3の夏休みに、ネットで与那嶺隆之(通称よなたん)という独学で受験勉強するサイトを運営している方を知りこの人から学びたい!とずっと思っていて、その方から1年学べるという指導が偶然にも始まった。それがミスターステップアップという塾である。
よなたんとこの塾の元学んだら絶対後悔しない!と思い、国立入試が終わってすぐ塾の通信コースで学ぶことにした。

しかし、そんなタイミングで親が衝撃発言を下す。

「3月に再婚する。相手は中国人で6月から家にやってくる」

この宅浪するというタイミングで日本人ではなく、中国人。それも日本語があまり話せない方らしい。なんとも奇妙な状況になったが、現実を受け入れいざ宅浪時代へ

順調に勉強出来ていたものの6月になり、
親への反抗期・新しい母親・受験のストレスなどが被り、メンタルがやられる。
そこで通信コースの特権で指導者に電話相談。そこで深いアドバイスを頂き、立ち直る。
今まで、高二の頃から変化していった自分であったが、大きなタイミングで不都合な事が起き続けてきたのは、挑戦し変化しようとしている人間に共通して起こる試練のようなものであると知る。もちろん目に見えない現象のため、科学的な説明は難しいことだが、自分自身が経験的に1番分かっているし、このマインドを取り入れて害もないし、むしろプラスになるからすぐ腑に落とせた。
成功者や人生の流れを変えた人達は皆共通してこの試練となる壁を乗り越えてきた人達である。人間はホメオスタシス(恒常性)のため、体温のように一定を保つ生き物であるが故に、変化を拒む。
よって変化をするものに対してなんらかの形で現象化して引き戻し現象が発動する(3日坊主はこの1つの事象である)。

この塾の通信コースは勉強だけじゃなく、食事や生活、メンタル面の指導もしていて、受験を通して生き方も教えてくれる。

このような塾と指導者の元1年学んだおかげで根本から考え方も大きく変わり、生き方が変化した。

そして、受験を終え上京して一人暮らしが始まった。
新生活、新環境で新たな挑戦をしながら日々を楽しんでストーリーを現在進行中。
受験勉強で燃え尽きず世のため人のためになるように日々経験値を積んでレベルアップをしている。
将来的には自分のような貧困な家庭やお金が絡んでやりたいことが出来ないという人達を救う。人を救うためにまず自身の影響力と経済力を付ける。

このように生き方のスケールもガラリと変わったのは情報を知り視野が広がったからである。情報は発信者がいるから手に入るわけで、そこから私は
「誰と出会うかで人生は決まる!」と心から思うようになる。

今は自身の経済力がないため貧困者を救うことは出来ないが、大学生の目線で、発見したことや思ったことなどを情報発信しながら、誰かの視野を広げ、人生をより良くするのに貢献できるような活動をしている。

と、こんな感じです!以上です!

まぁ、僕はそういう人間です。笑

ということでこれからも応援して頂けると幸いです。

それではこの辺で!

最後まで読んでいただきありがとうございました

かみーちはログアウトした!

冒険者かみーち

都内の大学3年生
高校時代の後半期から考え方が代わり、
浪人時に生き方も変わり始め、
視野を広げることの重要さに気付く。
それから大学に入り、視野を広げ続けていると
人生のストーリー展開が加速していった。

ドラクエ=アイデンティティというくらいドラクエが好きで、人生においてもかかせないものとなっている。
思考もドラクエのようにストーリー化され、あらゆる現象・出来事も面白く捉えている。なぜならそれは物語の一部の演出であり、同時にストーリー過程で必要な事だと考えているからである。

そして今は
大学生こそ「ガンガン学ぼうぜ」!と言いながら生の大学生の目線で、発見したことや思ったことなどを発信していく。
新生活、新環境で新たな挑戦をしながら楽しんでストーリーを現在進行中

将来的には、貧困者を一人でも減らし、やりたいこと・成し遂げたいことに全力で向き合って、お金が理由で「できない」「あきらめる」人達の手助けとなる。
自分が貧乏でお金に苦しむことをしてきたため、同じような人達を救いたい。

冒険者かみーちをフォローする
かみーちの日常
冒険者かみーちをフォローする
Murakami Quest

コメント